山形米通販サイト

山形米通販サイトは、米作り名人「高橋剛」と仲間たちが作ったお米(ひとめぼれ,コシヒカリ,つや姫)を販売するサイトです。

米作り名人高橋剛プロフィール

高橋剛プロフィール

H 引越し 自己案件 高橋剛商会-バランスα-Genteel 真室川給食プロジェクト 高橋剛昭和21年、真室川町生まれ。 昭和60年から3年連続して山形県良質米多収穫共励会で最優秀賞を受賞。昭和63年には、化学肥料や農薬を用いた農業と決別し、徹底した有機栽培に転じる。以降、一貫して自然農法による米作りを実践。技術指導は国内に止まらず、ロシア、オーストラリア、中国、フィリピンに及ぶ。

日本の農業は明るい(高橋剛インタビュー)

第1章 「コシヒカリ」にこだわる
第2章 平成5年の大冷害でも平年作
第3章 除草剤なんて無いものと思えばいい
第4章 田んぼ増やすなら、牛増やせ
第5章 稲も人間と同じ、暑すぎれば冷水で冷やしてやる
第6章 農薬やってる田んぼは稲を見ればわかる
第7章 化学肥料をやると、根が苦しがる
第8章 世界規模の食糧難を自分たちのチャンスに変える
第9章 若いうちに後継者へバトンを渡す
第10章 農家も経営も同じ、努力しなければ寂れていく
第11章 いい思いを後継者に見せる

高橋剛語録 稲の気持ち(高橋剛の話)

(稲妻の話)

高橋:まだちっちぇえガキの頃のことだ、お袋に手引かれて家に帰る日暮れ時分に、雷に出くわした。稲光の音のすごさに、オレは怖さのあまり、お袋にしがみついて泣き出した。するとお袋がおれの背中をさすりながら、“怖くねえ、怖くねえよ、稲妻は田んぼの稲が、これから生まれてくる子供たちのために、光をください、と天にお願いしていただくもんだ。怖いわけねえ”と教えてくれた。
大昔から、稲妻(稲夫)は、稲の受精に不可欠なものと考えられていた。雷の多い年は豊作だ、と言い伝えられてきたもんだ。オレもこれまでそう信じてきたし、それははずれなかったな。

(カジカで天気を知る)

高橋:米作りでは、先の天気が読めなくちゃならねえ。おれは明日あさっての天気知りたかったら、川に行って底のカジカを掬い上げて、口の中をのぞくんだ。カジカは雨が近いと流されちゃ困るから、口に小さな石ころを呑んでおくんだ。だから石があれば、雨が近いことはすぐわかる。

(農薬や化学肥料使ってるかどうか、稲見れば一発でわかる)

高橋:JAS認証ったって、それを検査する役人さんたちは、書類しかチェックできない。でもオレは田んぼに行って稲見れば、農薬や化学肥料使ってるかどうか、すぐわかる。
まだオレが自然農法の組合初めて間もないころだが、組合員のあるやつが、除草剤を使った。そいつはオレにばれないと思ったんだろうが、オレはやつの田んぼに行って稲の葉を見て、大体何月何日に撒いたかもわかったね。それで集まりの後、そいつだけを呼んで、自分が見たことを伝えた。みんなには言わないから、自分から組合を脱退しろ、と言い渡したよ。えっ何が判断のポイントかって?葉っぱだよ、稲は薬かけられたら苦しいから、その時成長が微妙に変化する。それが葉脈の乱れになって現れるんだ。葉脈が乱れてるところを見れば、成長具合からみて、何月何日に薬撒いたな、ってのは概ねわかっちゃう。
化学肥料は、葉っぱじゃなくて、田んぼに手つっこむとわかる。稲は鋤きこまれたばかりの化学肥料は強すぎてやっぱり嫌うんだ。だから、根は自然と濃度の薄いところへと向かう。畦の脇は一番わかりやすい。化学肥料まいてる田んぼでは、根が畦の方に向かって横に広がってるよ。

(稲のあいさつ)

高橋:米作ってる時は、朝が来るのが待ち遠しくてしかたねえ。田植えから後は夏だから、午前3時過ぎると外は明けてくる。おれは家族中が寝静まってる頃から、もう待ちきれなくて、一人布団を抜け出して田んぼさ向かうんだ。
田んぼでは、朝霧に濡れて頭を垂れた稲たちがまだ寝てる。そのうち、そう朝日が登る頃だな、稲たちが一斉に露をはらってすっくと立ち上がるんだ。そん時、田んぼ全体にサワサワという葉擦れの音が静かに鳴り響く。稲たちがおれに朝のあいさつをしてるのさ。おれも思わず頭を下げて答える。“オハヨウ、今日も一日よろしくな”

(台風?馬鹿にするな!)

高橋:せっかく実った頃にやってくる台風は、普通の農家では大敵だ。でも家の稲たちは、台風でへたれたことは一度もねえ。何年か前、真室川を直撃する台風が来たときは、おれもさすがに心配になって田んぼへ見に行ったもんだ。そしたらどうだ、稲たちが俺の姿を見ると一斉に、ざわざわと騒ぎ出した。わかった、こんなへなちょこ風くらいで、心配すんなっていうんだな。俺はそのまま引き返したよ。稲?全然なんともなかったな。

高橋剛氏自宅の巨大なトラクター
高橋剛氏自宅の巨大なトラクター

一切抗生物質を使わない、自然の飼料だけで育てたオーガニック牛
一切抗生物質を使わない、自然の飼料だけで育てたオーガニック牛
排泄物を基盤とした堆肥が土壌づくりの基本となってます

2016/07/12